カーラジオ受信録PL-310発見!充電機能を使ってみました

2016年04月15日

写真館14 KDD

こちらはKDDのQSLです。

いわゆる「ユーティリティー」というカテゴリの放送局。
1985年ごろかなと思います。

QSLカードはなぜか2枚もらったと記憶しています。
そのうちの1枚が現存していました。ただ、裏面には何も書いていません。
もう一枚の方に書いていたのだと思います。

お手紙は、一般向けのもので、本当はもう一つ、私の質問に対する答えが書いていたのがあるはずです。
ただ、今回は発見できずじまいでした。
kk014 KDD2
お手紙部分の裏面には、何故か、アレシボ・メッセージが印刷されています。
当時の私にとって、アレシボ・メッセージといえば、カール・セーガン博士の「コスモス」です。
当時でも、だいぶ懐かしいものでした。
もしかしたら、BCLブームのころに印刷されたものなのでは?と当時から思っていましたが、真相はどうなのでしょうか。良く分かりませんが。


日本っぽいデザインです。

試験放送を聞いてレポートしたものと思います。
今はKDDIでいいのかな。
2000年かそこらに、KDDとDDIとIDOが一緒になって、KDDIになったはず。

当時は、「国際電信電話株式会社」です。
やたらテレビでコマーシャルをしていたので、ご記憶にある方も多いのではないでしょうか。

あれは不思議でした。
当時は、一般にはまず国際電話なんかしません。
国際電話はKDDの独占事業でしたが、その後、独占が崩れた頃だったのかもしれません。

KDDって何となくかっこいい企業というイメージがありました。
中学生くらいの私は少なくともそう思いました。
就職出来たら面白そうだな、と思っていましたが、ついぞ、このような一流企業には入れませんでした。
就職氷河期だったのもありますけど、それがないにしても、元々高嶺の花の企業でした。
今なら就職させてもらえませんか?(笑)

今は調べてみても、こういう試験放送は流石にやっていなそう。
国際公衆通信回線なるものも、有線で十分というところでしょうか。


zq2000 at 22:56│Comments(2)写真館 

この記事へのコメント

1. Posted by ヨコハマAA815   2016年04月18日 21:21
ご無沙汰しております。KDDテストスピーチ懐かしいです。ベリカードや小冊子もいただいた様な。IDとISの録音があったと思うので今度アップしてみます。
2. Posted by zq2000   2016年04月19日 20:23
ヨコハマAA815さん
私のときは、小冊子は、なかったような気がします。
録音アップ、是非ともお願いします。30年前に聞いたキリです。
10600kHzくらいのバンド外だったような。
当時は、その辺りの周波数には、CWが沢山聞こえていたのを覚えています。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
カーラジオ受信録PL-310発見!充電機能を使ってみました